整備事例
  • Q&A/整備事例

  • 整備事例

  • 車検・整備
  •  

  • エスプリオートブログ
  •  

  • facebook
  •  

  • ご購入者様の声
  •  

  • 代車の御案内
  •  

  • ボディコーティング
  •  

  • BiLENZA
  •  

  • メンテック MENTEC エンジンパーフェクトクリーニング
  •  

  • ビルシュタイン BILSTEIN B4
  •  

BMWパーツショッピングサイト
カートでのご注文はこちら
ご注文用紙
お取扱い商品

ブレーキパット・ブレーキディスクローター・ビルシュタインショックアブソーバー・サスペンション・アッパーマウント(アッパーサポート)・エンジンマウント・AT・ミッションマウント・ボンネットダンパーバッテリー・プラグコード・デスビキャップ(ローター)・イグニションコイル・セルモーター・FAN/

本国直輸入 国内欠品パーツもドイツ本国よりお取り寄せいたします。
在庫多数 即納可能 ストックパーツ
  • 格安パーツ
  • 純正OEMパーツ
  • オススメパーツ
整備事例
  • 代替画像

    BMW E60 525i

【症状】

停止する直前に「ガコン」とか「ゴトッ」とリアから衝撃と異音がします。

ディーラーさんで見積もるとAT交換で80万円以上でした。

購入して3年目ですが泣く泣く買い替えも検討してますが・・・何とかなりませんか。

 

 

【整備内容】

異音と衝撃の原因が本当にAT本体なのかを再点検して、最悪ATミッション不良で

あれば、弊社ルートにて新品リビルトにて対応する御見積をいたします。

あきらめず、当社にご入庫下さい。

  • 代替画像

    E30 E34 E32 E28 E24 E36 E46 E90 E87 E39 E60 E61 E38 E65 Z3 Z4 X3 X5 E53

【症状】

高速時のブレーキングで車体が「ガタガタ・ガクガク」と振動します。

ブレーキディスクローターやパットは1年前に交換して7000キロ走行した車輌です。

 

【整備内容】

現車を試乗・走行テストしてみるとブレーキング時に限りジャダーが発生しておりました。

ブレーキを点検すると、某社外のダストレスパットが装着されており、ディスクローターへの攻撃性が強く変磨耗しておりました。

1年前に交換済みとのことでパットの残量は新品同様にございましたが、ローターとパットを当社推薦の純正同等品質のダストレスブレーキパットに交換して完治しました。

  • 代替画像

    E90 320i 323i 325i 330i クーペ

【整備内容】

E90 320i Mスポーツを所有しておりますが、今後維持するにあたり、主なトラブル箇所を教えてください。

 

定番トラブルをお知らせしますので参考にしてください。

オイル漏れ箇所は、タペットカバー・バキュームポンプ(直4)・ソレノイドOリング・エレメントケースのパッキン・パワステホース・ATミッションオイルパンなど。

 

その他、フロントドアロック・ステアリングコラムスイッチ(蛇角センサー)・メーターのウィンカー(方向指示器)の作動音故障・バルブトロニックモーター・カムシャフト及びクランクセンサー・DSCユニット(プレッシャーセンサー)・リアガラス下のモールの脱落・ヘッドライトカバーの劣化・ステアリングセンターカバーやドアのインナーハンドル周りのスレや剥がれなど。

 

又、水回り、PW、ブレーキなどのはグレードを問わず消耗いたします。

  • 代替画像

    E39 530i

【症状】

冷間時にエンジンを始動し、ハンドルを据え切りすると「ギィー」と異音がする症状で入庫しました。

足回りは1年前に全て交換済みとのことでした。

 

【整備内容】

フロントのサポートベアリング(アッパーマウント)が潰れておりました。

取り外して確認してみると、社外品が装着されており消耗が極端に早かったと思われます。

足回りパーツは基本的に純正メーカーをお奨めいたします。

又、冷間時のステアリング操作時の異音で、「ギュ~」 の場合は、パワステオイル(パワステフールド)が少ないと思われますので、油量とパワステホース・パワステポンプ漏れなどの確認が必要です。

  • 代替画像

    E38 740iL

【症状】

①一般走行では問題ないが、高速走行するとエンジンがブレはじめ、アイドリングでもブレている。

但し、エンジンをOFFにして再びエンジンを始動させれば直ってしまう。

 

②トランクが開閉する時としない時がある。

 

 

【整備内容】

①ブレの症状が出ているときに、燃圧・点火を調べた結果、1/3/5シリンダーにミスファイヤーを確認いたしました。

下回りの点検で何気なくキャタライザー(触媒)を叩いてみると「ガランガラン」と鈍い音。

片バンクの触媒が詰まっておりました。

 

触媒交換はうん十万円致しますので当店の「独自のやり方」にてお安く修理

いたしました。

 

②アクチュエーターモーター交換で直りました。

  • 代替画像

    E60 525i

【症状】

① エアバッグの警告灯が点灯してしまい専門工場でテスター診断してもらったら右側のシートベルトテンショナー不良と診断されたので取り替えたが

警告が消えません・・・。

② 電動シートが作動しなくなってしまって、シートヒーターも効きません。

 

【整備内容】

①テンショナーへ接続する配線ケーブルを交換、メモリー消去で直りました。

キャッチにつながる配線ケーブルの接点不良の場合も多いのが現状です。

ディフェクトでは配線不良とは表示しない為、配線ケーブルの交換を怠ってしまいますが、原因はケーブルだったなんてことが結構あります。

 

②ディフェクトした結果、シートのコントロールユニットに通信できない

状態でした。

このような場合、ユニット本体の故障が多く、ユニットASSY交換で直りました。

 

フル電子制御となりコンピューターが多様化している為、ディフェクトでエラー表示された部品を全て取り替えないと整備できない場合がございます。

又、そのようなECUを取り替えた場合は必ずコーディングが必要となります。

  • 代替画像

    E90

【症状】

①方向指示器(ウインカー)の「カッチ カッチ」の作動音がしない。

②キセノンヘッドライト左側のバルブ切れとの事で入庫。

 

 

【整備内容】

①メーター本体の不具合となります。

通常はメーターASSY交換となりますが、当社独自のノウハウで格安で修理いたしました。

 

②キセノンバルブではなく、コントロールユニットの故障でした。

グレードを問わず、これ良く壊れます。

  • 代替画像

    E39

【症状】

525iツーリングです。

エアバッグの警告灯が暗く点灯、クラクションが鳴らない、フロント・リアともにワイパーが作動しません。

上記の症状は、不定期で全て一緒に発生。

 

 

【整備内容】

イグニッションスイッチの故障でした。

イグニッションスイッチの導通不良が発生すると意外な箇所に症状がでます。

又、エンジン始動時、クランキングしない場合は、イグニッションS/W以外に、

キー本体やEWS(イモビライザー)の不良、稀にスターター(セルモーター)の

マグネットスイッチも考えられます。

  • 代替画像

    E39 セダン 525i 530i 540i M5 ツーリング

【症状】

エンジン機関・足回りは整備済みですが、段差や坂道を速度1~2キロで走行

するとボディーが「キシキシ・ギシギシ」ときしむような異音が室内で感じる。

ブレーキングで停止する直前も室内に響く時がある。

外気温や日によって症状が出たり出なかったりするのでどこから異音がでているのかわからない。

 

 

【整備内容】

現車を試乗して異音を確認、各ドアガラスのウィンドウガイド(ガラス周りのゴム

カバー)の劣化でした。

 

ゴム素材が劣化により弾力を失い硬くなり、ガラスとの接触部で異音が発生します。

窓を数センチ開閉するだけで異音が解消する場合などは間違いありません。

潤滑油などを塗ることで一時的に解消しますが直ぐに再発しますので取替えとなります。

TEL : 042-569-3993  メールでのお問い合わせはこちら